SICEセミナー「制御のためのシステム同定」2010

主催・企画: 計測自動制御学会 制御部門
協賛(依頼中を含む):
システム制御情報学会, 自動車技術会, 人工知能学会, スケジューリング学会, 精密工学会, 電気学会, 電子情報通信学会, 土木学会, 日本音響学会, 日本応用数理学会, 日本機械学会, 日本建築学会, 日本航空宇宙学会, 日本鉄鋼協会, 日本電気計測器工業会, 日本知能情報ファジィ学会, 日本フルードパワーシステム学会, 日本リモートセンシング学会, 日本ロボット学会, バイオメカニズム学会, ヒューマンインタフェース学会, プロセス計装制御技術協会, 計装研究会

例年ご好評いただいております本セミナーは, 実際の制御系設計において非常に重要となるシステム同定のテクニックについて, 基本的かつ実用的なものから 最近の話題まで幅広く講義するものです. 現場で制御理論を実践する際, モデルの構築がしばしば最大のネックになります. その意味で, システム同定に関する基礎的な講義は多くの方のご要望に応えるものといえるでしょう. 本セミナーでは, システム同定理論のトップランナーである 3 人の先生方に基礎から丁寧に講義していただきます.

2 日にわたって開催されますが, 1 日目は基礎, 2 日目は最近の話題を盛り込んだ内容であり, どちらか1日だけの参加も可能となっております. みなさまのニーズに応じて活用していただければ幸いです. 現場での応用を目指される方, 同定に関してこれから勉強を始める方, その他たくさんの方々が, この貴重な機会を逃さず, ぜひご参加されますようお願い申し上げます.

SICE 賛助会員については特典として, 申込期限までの事前申込の場合には, 割引料金にてセミナー受講ができることになっております. 賛助会員組織の方々もふるってご参加くださいますようお願い申し上げます. 賛助会員リストはこちらからご覧頂けます.


期日: 2010 年 5 月 26 日(水), 27 日(木)
会場: 常翔学園 大阪センター 302 教室 [大阪市北区梅田 3-4-5 毎日インテシオ 3F]
交通: JR 大阪駅から徒歩 10 分, JR 福島駅から徒歩 5 分など.
講師: 足立 修一 君(慶應義塾大学), 田中 秀幸 君(京都大学), 奥 宏史 君(大阪工業大学)
講義内容:

5 月 26 日(第 1 日目): システム同定の基礎(足立・田中)

9:30〜12:30 制御のためのシステム同定とは(足立)
13:30〜16:30 同定モデルとシステム同定(田中)

5 月 27 日(第 2 日目): 上級システム同定(足立・奥)

9:30〜12:30 カルマンフィルタ(足立)
13:30〜16:30 部分空間同定法(奥)

講師紹介:
足立 修一(あだち しゅういち)君(正会員)
1981 年慶應義塾大学工学部電気工学科卒業, 86 年同大学大学院工学研究科博士課程修了. 同年(株)東芝入社, 90 年宇都宮大学工学部電気電子工学科助教授. 2002 年同大学工学部電気電子工学科教授. 93〜96 年航空宇宙技術研究所客員研究官を兼務. 03〜04 年ケンブリッジ大学工学部客員研究員. 2006年慶應義塾大学理工学部物理情報工学科教授. 制御系設計のためのモデリング, システム同定理論とその応用に関する研究に従事(工学博士).

田中 秀幸(たなか ひでゆき)君(正会員)
1993 年京都大学工学部精密学科卒業, 95 年同大学大学院修士課程修了, 96 年同大学院博士後期課程入学, 98 年中途退学, 95 年名古屋市経済局工業研究院勤務, 98 年京都大学大学院情報学研究科助手, 2007年同助教, 現在に至る. システム同定, ロバスト制御の研究に従事. 博士(工学).

奥 宏史(おく ひろし)君(正会員)
1996 年大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻制御工学分野博士前期課程修了. 2000 年東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻博士課程修了. 1998 年から 2000 年まで日本学術振興会特別研究員(DC2). 2000 年オランダ Twente 大学 Post-Doc. 2002 年大阪工業大学電子情報通信工学科講師, 2007 年同准教授となり現在に至る. システム同定, 変化検出法に関する研究に従事. 博士(工学).

定員: 90 名(定員になり次第, 締め切ります.)
参加費: 参加費にはテキスト代が含まれます.

正会員学生会員会員外賛助会員枠
両日参加30,000円8,000円40,000円8,000円
第1日のみ参加15,000円4,000円20,000円4,000円
第2日のみ参加15,000円4,000円20,000円4,000円
現在も申し込みを受け付けております (5 月 11 日追記)
申込方法: SICE 部門行事申込みページから申し込んでください.
参加費振込方法: 部門大会・シンポジウム・セミナー等での参加費振込要領をご覧ください.

問合わせ先: SICE 制御部門 事業委員会 学会事務局: 部門協議会担当, 電話(03)3814-4121, email: bumon [at] sice.or.jp

※本セミナー参加申込のキャンセルポリシーは下記の通りです. (申込のキャンセルは, 学会事務局にご連絡ください.)
  1. 参加費が支払済みの場合
  2. 参加費が未払いの場合